カテゴリ 応急処置

消化管出血の応急処置
応急処置

消化管出血の応急処置

人が影響を受けた腸および胃の血管から血液を漏出させる状態は、胃腸出血と呼ばれます。なぜこの病理が発生するのですか?ほとんどの場合、これらの臓器の血管系の損傷は、多くの疾患の進行性の発達の結果です。

続きを読みます
応急処置

水銀中毒に対する応急処置

水銀ヒュームが非常に有毒であることは秘密ではありません。しかし、人間は日常生活でも生産においてもこの金属に遭遇します。水銀とは何ですか?室温で、この金属は銀白色の液体に変わります。これは空気中で徐々に蒸発し、有毒なフュームを放出します。
続きを読みます
応急処置

骨折の応急処置

適切に提供された骨折の応急処置は、被害者の健康を維持するだけでなく、生命を維持するのに役立ちます。可能性のある合併症の危険性を減らすことによって、障害から救助して、救急車チームが到着する前に提供された医療援助は町民のためにさえ技能のリストに含まれるべきです。ここで副作用の発生を最小にすることを目的とした措置は、転位の場合と実質的に同じである。
続きを読みます
応急処置

有害化学物質の敗北に対する応急処置

中毒化学物質(OHV)または緊急化学物質有害物質(AHOV)は、人間の健康と生命にとって非常に危険です。通常それらは空気からそれらを吸うことによって人体に入る。それらのいくつかは非常に強いのでそれらはほぼ電光石火の速さで感染者の死をもたらすことができ、そして危険な物質のほんの数ミリグラムで十分であろう。
続きを読みます
応急処置

あざの応急処置

打撲傷に対する応急処置は、普通の人でも知っておくべきルールの重要な要約です。緊急時の応急処置は、その後の合併症や副作用のリスクを排除できます。傷の多くは、転位の場合によくあるように、閉鎖損傷と呼ばれます。しかし、このケースでは、構造の大幅な不安定化を伴わない組織または内臓の変形について話しています。
続きを読みます
応急処置

捻挫のための応急処置

捻spの応急処置は、将来起こりうる合併症のリストを制限するのに役立ちます。ただし、すべての患者が、古典的な脱臼と、関節バッグの骨折や変形などの他の類似病変との違いを理解しているわけではありません。専門用語での脱臼とは、関節に付着する場所での骨の変位を指します。
続きを読みます
応急処置

急性呼吸不全に対する応急処置

人に急性呼吸不全がある場合、臓器は正常に機能するのに十分な酸素を受け取ることができません。肺が独立して血液から二酸化炭素を除去できない場合、組織の急性酸素欠乏症が発症する可能性があります。これは、外部呼吸障害の背景で発生する緊急事態の1つです。
続きを読みます
応急処置

鼻血の応急処置

鼻出血または鼻出血は、世界の人口の60%に発生します。ほとんどの場合、この状態は10歳以下または50歳以上の患者に発症します。統計によると、出血のほとんどのケースは男性に発生します。 1つのタイプの失血で、患者は体を傷つけることなく自分で対処することができます;他のものは医者からの注意を必要とします。
続きを読みます
応急処置

蛇咬傷の応急処置

望みの効果を得るためには、ヘビにかまれたときの応急処置をできるだけ早く行うべきです。昆虫とは異なり、ヘビは通常最初に攻撃することはめったにありません。意図的または意図的でない行動であっても、被害者自身によって引き起こされることがよくあります。時々、人は噛む瞬間を逃します。これは、爬虫類が隠れていて、すぐには気づかれない典型的な状況です。
続きを読みます
応急処置

傷の応急処置

創傷の応急処置は、さまざまな病原体による開いた創傷表面を介した感染などの深刻な合併症のリスクを減らすように設計されています。より迅速な支援が提供されるほど、多くの副作用なしで迅速な回復の可能性が高くなります。専門用語では、傷は皮膚や粘膜だけでなく、住民の間で一般に信じられているように損傷と呼ばれています。
続きを読みます
応急処置

有機リン中毒の応急処置

有機リン化合物は、人体の歯、骨、そしてさまざまな細胞の一部です。歯と骨のシステムを強くし、さまざまな種類の負荷に強いのはリンです。有機リン化合物(略してFOSまたはFOV)がなければ、神経系は単に適切に機能することができませんでした。
続きを読みます
応急処置

凍傷の応急処置

低温に長時間さらされると、凍傷が起こることがあります。ほとんどの場合、この現象は体の一般的な低体温症を伴い、状況を悪化させます。まず第一に、顔、耳、つま先、手-最小限の保護領域が影響を受けます。ほとんどの人が寒い季節に凍傷になるのは自然なことです。
続きを読みます
応急処置

アンモニア中毒の応急処置

今日、多くの工業プラントが寝室の近くにあります。一部の人々はそのような施設で働いており、毎日危険な化学物質にさらされています。人体のアンモニア(窒化水素)に特別な悪影響を与えるため、化学物質による中毒の使用範囲、特徴、および考えられる結果について知る必要があります。
続きを読みます
応急処置

目の怪我に対する応急処置

目は人体の対になった感覚器官です。それはビジョンの機能を提供し、私たちの生活の質に大きな影響を与えます。臓器は頭の前にあり、まぶたやまつげの後ろに「隠れて」います。眼の外傷は、その性質にかかわらず、巨大な痛み、涙、発赤および視力の低下を伴う。
続きを読みます
応急処置

出血の応急処置

応急処置 - 複雑な治療および予防的操作の緊急実施。事故、突然の病気または既存の病気の悪化の場合には必要です。応急手当は医療スタッフの到着前、または被害者が医療施設に置かれる前に行われます。
続きを読みます
応急処置

心臓喘息に対する応急処置

心臓喘息は、左心室不全によって起こる窒息(窒息)の発作です。心喘息の主な原因は、心臓や血管の病気(心臓病、心臓硬化症、高血圧)です。発作は、心血管系の崩壊のためだけでなく、体内のウイルス感染症の流れ、脳内の不十分な血液循環を通じても起こり得る。
続きを読みます
応急処置

鼻の中の異物のための応急処置

鼻の中に異物を入れる問題は、ほとんどの場合、小児科の耳鼻咽喉科医が遭遇します。世界の知識のプロセスは赤ん坊を過度に魅了し、彼はただ手に入るようになる彼の鼻腔にすべてを突き刺す準備ができています。場合によっては、子供の頑固さが怪我や入院の必要性につながることがあります。
続きを読みます
応急処置

脊髄損傷に対する応急処置

脊髄損傷は、救急医療を必要とする深刻な損傷です。重症度から、それは長期または短期の麻痺につながるか、または不可逆的な合併症、さらには死を引き起こす可能性があります。脊髄は首の付け根から始まり、背中を通り抜けます。
続きを読みます
応急処置

呼吸停止の応急処置

ほとんどの人は当然のことながら呼吸器系を取ります。特定の病気にかかっている人々は彼らが定期的に経験する呼吸の問題を経験するかもしれません。恥ずかしい呼吸プロセスはほとんどの場合緊急医療処置を必要とします。例外は、運動などの通常の活動からの弱さの感覚です。
続きを読みます
応急処置

脳震盪に対する応急処置

脳震盪に対する応急処置は直ちに提供されるべきです。少しでも遅れると、被害者の幸福の悪化や、生理学的に不可逆的な過程が始まることによる昏睡状態の悪化が脅かされます。提示された傷害の形式は脳損傷の最も簡単な種類の一つとして記載されているという事実にもかかわらず、それは警告症状が検出されたときに無視してはいけません。
続きを読みます
応急処置

一酸化炭素中毒に対する応急処置

一酸化炭素による中毒の場合の応急処置には、通りの人にも繰り返す能力の影響を受ける、かなり単純な行動のアルゴリズムが含まれます。ここで最も重要な規則は、汚染された空気で囲まれた空間にいることが1秒ごとに多くの副作用なしに成功した回復の可能性を減らすので効率に関するものです。
続きを読みます